HOME>トピックス>面接は人物評価が重要になるのでしっかりと準備を

面接で問われること

保育士になるためには、採用試験と面接をパスしなければなりません。もちろん、短大や専門学校であれば、学校の信頼に基づいて様々な就職先を紹介してもらえたり、有利に就職活動を行うことができます。資格があれば比較的容易に採用される反面、子供を預かる仕事ということもあるので面接はかなり重点が置かれているのです。面接で絶対に問われることは、志望動機、それに保育士をなぜ目指したのかという質問です。これについては確固たる自分の意見を持っていることが好ましいです。その他に、面接ではやる気や人柄などが重視されます。

事前準備をすることが大切

採用試験や面接を受ける前には、就職を希望する保育園や幼稚園のホームページを良く分析しておいて、どのような雰囲気なのか、そこで自分はどのようなスキルを提供することができるのかということを明確にしておくことが必要です。子供と接する仕事ということもあり、人物評価が採用に直結します。自分の持つ良さを積極的にアピールすることができ、保育士として働きたいという熱意が面接官に伝えられるように自己分析は入念に行いましょう。面接は緊張しやすい人でも、準備をしておけば自信を持って臨めます。

広告募集中