HOME>オススメ情報>自分が働きやすい現場で働けるのが一番良いことだ

仕事の探し方や申し込みの仕方

警備員

かつて定年退職をした人の仕事と言われていた警備員の仕事ですが、最近は若い人たちを中心に募集が増えています。これは、この業界が若いエネルギーを求めているからで、大卒で入社を希望する人も多く、業界全体が活気にあふれています。ガードマンはメジャーな仕事ですが、その求人はたいていハローワークで見ることができます。大小さまざまな規模の会社があり、それぞれ得意分野が違うのでチェックしておいたほうが良いでしょう。今はネットでガードマンの仕事などを検索するとすぐにいろいろな募集情報が入ってくるので、これらを調べるのもアリです。申し込みの方法はハローワークの窓口やネットでの募集、直接会社に応募連絡をすることなどです。

会社を選ぶ時の目安

警備員

よく知られている警備員の仕事は、道路で誘導棒を振って車を誘導する仕事です。これはガードマンの仕事の中でも交通の分野で、会社によってはこの仕事がメインのところもあります。工場やオフィスビルなどの守衛室で出入り管理をする施設の仕事や貴重品運搬の求人もあり、それぞれ内容が違うので入社する前に確認しましょう。会社を選ぶ際の目安は、なんといってもお給料の額です。会社によっては資格手当などがしっかり出るところがあるので、資格を持っている人は事前に調べておくのがベストです。

仕事の内容などをチェックする

警備員

施設や貴重品運搬など、警備員の求人は募集している所によってかなり仕事内容が異なります。自分がしたい仕事をきちんと見定め、条件をよく見るのが大事です。例えば交通の仕事は実入りは良いですが、環境が厳しかったり仕事量が多い、あるいは少ないことがあるため、問い合わせをしておくのが肝心です。施設も場所によっては大変条件が良いところもあり、研修制度が整っているなど長く働ける環境が整っている現場もあります。入社する前の段階でこれらの情報はチェックできるので、可能な限り問い合わせし情報を得ておきましょう。

広告募集中